スキニーギニアピッグのケアについて

普通のギニアピッグと同様、スキニーギニアピッグに健康と幸せを与えるには、シンプルかつ特別なケアが必要です。 通常の平均年齢は5~7年間ですが、世話のよくいき届いたギニアピッグは、10年間生きることがあります。 ギニアピッグはおしゃべりで、何か異常がある場合は、飼い主によく伝えてくれます。 特にこれといって決まった「正しい」飼い方はありません。重要なのは、忙しくなった場合にでも、 定期的にちゃんとケア出来るようにすることです。





モルモットを飼う前のチェックリスト

住まい

全てのスキニーギニアピッグには住み家が必要です。棚や段差のあるおりを購入するのもいいですが、 通常は大きくて平らなスペースを好みます。他の有体毛系ペットと異なり、ギニアピッグはジャンプしたり、登ったりしません。 お家選びにはいくつかのオプションがあります。もし家庭内に犬や、意欲的な猫がいる場合、 ギニアピッグたちをどう保護するか考慮した方がいいでしょう。


店で購入か手作り?

店で販売しているおりは、完全に囲ってあるタイプが一般的で、ほとんどの場合十分にっ走り回れるスペースを提供してくれません。 店ではギニアピッグ用には、通常小さめのおりが推奨されていますが、実はあまりいいものとは言えません。 良い健康を保つ為には、ギニアピッグは走り回る必要があります。さらに、小さいおりは頻繁に清掃が必要となり(時には毎日)、 怠った場合にはペットの健康に影響を与えます。大型のおりを店で見つけるのは難しく、もしあった場合も大抵手が届きにくいほどに高額です。





手作りのおりや囲いは、安価で、比較的簡単に作れます。スペースも十分に確保でき、1週間に一回の清掃で大丈夫です。 サンタバーバラスキニーギニアピッグはキューブ・アンド・コロプラスト(C&Cと呼ばれています)のケージをお勧めしています。 おりはインテリアメッシュというメッシュパネルで出来ており、ホームセンターなどで1,000円前後から売っています。 おりの底面は養生パネルで出来ています。養生パネルとは波状の段ボールのようなもので、ホームセンターなどで、 幅910mmX長さ1820mmのシートが一枚数百円で購入できます。 「www.GuineaPigCages.com 」 にシンプルで色々な種類のカスタム「C&Cおり」の作り方が掲載されています。




寝床

ギニアピッグには、柔らかくて吸収性のある寝具が必要です。適切な種類の寝具が必要なのは、ギニアピッグが口と鼻を床にとても近づけて歩くからです。 これがおりを常に綺麗にするのが重要な理由です。不適切なタイプの寝具を使うと、呼吸に異常が出てきたり、呼吸器疾患を患わったりする可能性が出てきます。 針金の床は、清潔に保つのを簡単に出来ますが、ギニアピッグの足によくありません。 有毛ギニアピッグでさえ、足の底には無毛の足せきがあります。 一日中立っているには、やはり柔らかい土台が必要なのです。

経木は経済的に最も優れた寝具ですが、使う素材は無臭の木材である必要があります。 ポプラや乾燥松などが良いオプションです。ふわふわして柔らかい経木が望ましく、ペットショップで安価で購入できます。 ペットショップでは、通常小動物用には紙製寝具を取り扱っており、これを単体もしくは経木と混ぜて使えます。 ヒマラヤスギや他の匂いのきつい経木は、有毒で呼吸問題を引き起こす可能性もあるので、避けるべきです。

フリース毛布は、洗濯が気にならない方向きへのオプションです。 通常、毎日交換する必要がありますが、他の寝具より汚くなりません。



ロケーション

スキニーギニアピッグには、寒さや日光から守る保護がないため、室内で、直射日光を避けて生活する必要があります。 有毛ギニアピッグは熱に敏感で、割と涼しく保つ必要があります。スキニーギニアピッグは熱に少し耐性がありますが、 通常は横たわって、温かくいられる隠れ場所が必要です。


アクセサリー

ギニアピッグは隠れるのを好みます。木製やプラスチック製の家は、ペットショップで売っていますが、段ボールでも十分です。 トイレ箱を使うのは、おりの清掃を効率よくするのや、清潔なスペースを最大に与えるのによいです。 ギニアピッグをトイレ箱に使うよう訓練させるのは、簡単です。まずギニアピッグがよく排出する場所にトイレ箱を置くことから始めてください。 すぐにその箱で排出するようになります!





エサやり

ギニアピッグは馬のように、放牧動物です。果物や野菜をおやつによいですが、主食は干し草、ギニアピッグ用ペレット、そして草などがよいです。 他のペットとは違って、ギニアピッグは体内でビタミンCを生成できませんので、食料から補給する必要があります。


ペレット

ビタミンCの最適な栄養源は、ギニアピッグ用のペレット状の食料です。ウサギ用や他のペット用のものにはビタミンCが含まれていません。 干し草や干しオーチャード、干しチモシーなどがベストな選択でしょう。アルファルファのペレットには、他のタイプのペレットよりも、 より多くのプロテインやカルシウムが含まれており、ギニアピッグ赤ちゃんのみに適しております。




干し草

ギニアピッグは他のなによりも干し草を最も好みます。干し草をむしゃむしゃ食べたり、下に隠れたり、遊んだりするのが大好きです。 干し草にはいくつか種類がありますが全ての種類が適しています。チモシー、牧草、オーチャードなどは、すべて干し草の種類となります (サンタバーバラ・スキニーギニアピッグはオーチャード種を使用しています)。 アルファルファは干しさや豆で、タンパク質やカルシウムがほとんどのギニアピッグにとって多すぎます。アルファルファは、 硬くてつっつく感じのため、デリケートなスキニーギニアピッグの肌を引っ掻いてしまうかもしれません。最も新鮮で柔らかい干し草は、 通常ペットショップにあります。ほとんどは(小さい俵のような感じで)一片ごと売られていています。




新鮮食物



ニンジンはギニアピッグにとってお気に入りのごちそうです。リンゴも気に入られます。ケールやコラード、カブ、パセリ、ブロッコリー、 ダイコンなどの葉菜類もごちそうになります。与える際は、サラダを作る時のように洗ってあげてください。 移動時で水を得られないような場合には、水気の多いセロリが最適です。新鮮な野草も与えられますが、 殺虫剤や除草剤を使用していないものにしてください。 ギニアピッグは通常、芝生の上で草を食べたり、野外で囲いの中で遊ぶのを好みます(監視してあげて下さい)。




与えてはいけないもの

健康上の理由から人間の食べ物は避けるべきであるのに加えて、安全上の理由から決してモルモットに与えてはいけないものもあります。 以下はモルモットにとって有毒で危険な食べ物です。

新鮮でキレイな水がいつも飲めるような状態にしてください。お皿からは簡単に飲めます。 また、囲い内で使用する場合、通常ペット店で購入できるボトルがベストオプションです。


一般的な健康

スキニーギニアピッグは通常とても健康ですが、他の有毛種よりもかかりやすい病気があります。スキニーギニアピッグには、 (大抵ほとんど)まずシラミがわくことはありませんが、日焼けや皮膚がん(日光による)、引っ掻き傷や皮膚の感染症 (田虫等)などの皮膚症状にかかる恐れがあります。

ギニアピッグは、比較的に敏感な消化システムを持っています。食べ物や水、寝具などを突然変えないように注意してください。 これらの変化は、出来るだけ徐々に変えていくようにして下さい。

最大の攻撃とは、最大の防御です!飼っているギニアピッグのことや性格をよく知り、行動や態度の変化を見極めて、病気を防ぎましょう。

悲痛サイン!

これらの症状が見られた場合は、複数の獣医へ行きましょう。スキニーギニアピッグの多くの健康上の懸念は、他の小動物と大きく異なるため、 メインと予備の獣医が、ギニアピッグに精通してるよう、前もって確認してあげてください。経験のない医者は、他のペットには安全でも、 ギニアピッグには大変危険な間違った処方せん(抗生物質など)をしてしまうことなどがあります。







入浴

彼らが住んでいるケージが清潔に保たれている限り、スキニーギニアピッグは自分で自分を綺麗に保ちます。舌と足を使って自分を毛繕いするので、 スキニーギニアピッグをお風呂に入れる必要性はほとんど無いでしょう。特別な目的がない限り、入浴させることはお勧めしません。

もしスキニーギニアピッグが汚れていたら、まずぬるま湯に浸したペーパータオルで優しく汚れを落としてください。もしこれで十分ではない場合は、 清潔なシンク、たらい、浅い鍋などにぬるま湯をためて洗ってあげてください。もしそれでも十分でない場合、私たちがスキニーギニアピッグに使用するスキンケア製品は 「アビーノ ベビークレンジングセラピー」です。使い方は、スキニーギニアピッグをぬるま湯で湿らせて、アーモンドサイズぐらいの分量のケア製品を手の平に取ります。 両手をこすり合わせて製品を手のひらに広げ、スキニーギニアピッグの背中、肩、首、お腹や足を手のひらでマッサージしながらクリームを広げます。 頭や顔にはつけないでください。ぬるま湯で優しく洗い流しスキニーギニアピッグの鼻、口や目にお湯がかからないように注意してください。 クリームを洗い流し終えたらすぐにタオルで拭いて、完全に体が乾くまで温かく保ってあげてください。やけどする可能性があるので、ドライヤーは使わないでください。

スキニーギニアピッグを家に連れていく前に質問しましょう

会ったことのないモルモットに会わせる

ペットとしてのモルモットは、精神面、情緒面や健康面を考慮すると、可能な限り2匹以上の同性の集団で飼われるべきです。 オス・メス両方いる場合には、性別ごとに別のケージで飼うか、オスを去勢する必要があります。しかし小動物の手術は危険が大きいので去勢はおすすめ出来ません。

可能であれば、モルモットが若いうち(生後12週以下がベスト)にモルモット同士を会わせてみるのが良いでしょう。 残念ながらそれが出来ない場合には、新しく飼うモルモットが非常に若いうち(やはり生後12週以下がベスト)に大人のモルモットに会わせるのがおすすめです。 大人のモルモットが赤ちゃんモルモットに対して攻撃的になることはまれですが、警戒音を発したり、喉を鳴らしたり、歩き回ったり、踊ったり、威嚇的な行動を取ることは十分ありえます。

モルモットは、縄張り意識が発生しないような公平な環境で会わせるべきです。たくさんの野菜、牧草の山、草、もしくはトンネルもモルモットの注意を逸らせ、 徐々に安全にお互いの存在に慣れるのを助けるでしょう。モルモットが互いに慣れるまで、隠れ場所は作るべきではありません。 一匹目のモルモットが隠れ場所に入っているときに、二匹目が入ってしまうと、最初に隠れたモルモットは個人的スペースが侵され、閉じ込められたように感じます。 もし二匹が良く慣れていなければ、隠れ場所はしばしば関係を悪化させます。モルモットが個人的なスペースを侵されたと感じた場合に、すぐに逃げ道があるトンネルはお勧めです。 トンネルの中で二匹のモルモットに真ん中に入ってしまった一匹が挟まれた状態になる可能性があるので、3匹以上のケージには細くて長いトンネルは向いていません。 短くて幅の広いトンネルであれば最適です。トンネルはペットショップで購入できます。また、段ボール箱で自作することもできます。 ダンボールで作った3枚のパーツをテープでとめて三角柱を作ります。この構造だとトンネルの形を保ったまま、モルモットが簡単に通り抜けることができます。

モルモットを初めて会わせた時に喧嘩を始めた場合、モルモットが出血するまでケガを負わない限り、仲裁に入らずに二匹が問題を解決するまで見守ってあげてください。 しかし体を守る毛を持たないスキニーギニアピッグの場合は、残念ながら出血にまで至るような事態に発展する可能性が高いので、面会には特別の注意が必要です。 面会中は必ず監視し、手にはチリトリやほうきや手ごろなものを持っていて下さい。そうするとモルモットが喧嘩になった場合、二匹を簡単に引き離すことができます。

喧嘩するたびにモルモットを別のケージに引き離すのは良くありません。時間がかかっても、最初から互いの存在を許容する状態にまで持って行かなくてはいけません。 いちいち別ケージに引き離していると、モルモットは喧嘩をすることによって人間が気にくわないモルモットを別のケージに移動させてくれることを学んでしまいます。 そのため、ケージに入れて会わせてみるという過程を繰り返すだけになるか、モルモットの関係性をさらに悪化させる可能性があります。

公平な環境での面会が十分にうまくいった場合、モルモットを一緒にケージに入れることが出来ます。もしまだ緊張感があるのであれば大きいケージであるほど良いでしょう。 理想を言えば、どちらのモルモットにもなじみの無いケージが一番ですが、もしそれが無理なのであれば、非常に清潔なケージが良いでしょう。 ケージからモルモットの臭いを完全に消しておけば、どのモルモットも縄張り意識を感じにくいでしょう。繰り返しますが、一時的に隠れ家は取り除き、 牧草、野菜をたっぷり入れ、大きなトンネルのような気を紛らわせるものを入れて下さい。仲良くなっていないモルモットからの視線を断ち切ることが出来るので、 出入りが自由に出来るカーテンで仕切られた場所を作るのも良いでしょう。

メッシュパネルで2つに仕切られたケージを使うのも、モルモットをお互いに慣れさせるのを助ける方法です。 この方法だと誰もケガをすること無く一日中他のモルモットと一緒に過ごさせることが出来ます。この仕切ったケージと監視しながらの面会とを組み合わせることによって、 大人のモルモットでも徐々に仲良くさせることができます。

「合同入浴」もモルモットによっては効果を発揮します。二匹のモルモットを一緒にお風呂に入れ、二匹が不快な経験を共有します。 そして最終的には二匹一緒にいつもと違う臭いになるという経験を経ることで、二匹が仲良くなるという流れです。これは多くのモルモットに対して有効な方法ではありますが、 もちろん全ての状況において機能するわけではありません。合同入浴は、モルモットに一緒に過ごす時間を喜んで受け入れるの様にするために十分な時間をかけるという事以外は、 通常の入浴と変わりません。暖かくしてモルモットが凍えないように保たれている限りは、モルモットを仲良くさせるために合同入浴させるのにマイナス要因はありません。

モルモットは孤独を好む?

どちらかといえば、初めて出会うモルモットとはうまくなじない傾向があります。 これはこのモルモットがどのモルモットとも友達になれないということを示しているのではありません。 仲間が近づいてきても、他の子に比べて馴染みにくいモルモットもいます。ここであきらめないでください。 他のモルモットのケージと並べて飼育すれば、同じ種族の仲間と触れ合うことなく過ごさずにすみます。 近所の公園で遊んだり、離乳したばかりの赤ちゃんモルモットとあいさつしたり、気難しいモルモットと一緒に合同入浴してみるのも良いでしょう。